ビバーナムスノーボールの花の育て方【剪定時期が大切】

庭木育て方

マリのようなまん丸い花でお庭を華やかに見せてくれる、ビバーナムスノーボール。

お花を育てるのが初めてでも育てやす花の一つです。

今回は、ビバーナムスノーボールの育て方について書きます。

スポンサーリンク

ビバーナムスノーボールの育て方【花を咲かせるために大切なこと】

ビバーナムスノーボールは、スイカズラ科の落葉低木で、次のような特徴があります。

ビバーナムスノーボールの特徴

・成長が早い
・鉢植えや庭木に使える
・管理しやすい(日向、半日陰)
・病気や虫の心配も少ない

 

ビバーナムスノーボールの育て方

ビバーナムスノーボールを育てる上で4つの注目点がこちらです。

・水やり
・肥料
・剪定時期
・植え替え時期

 

水やり

水やりは土が乾いてからやるのが基本です。

地植えの場合は、水やりはほとんど必要としません。鉢植えで育てる時は、水やりの加減に注意しましょう。

肥料

冬の時期(12月~2月)に花付きを良くするためにやります。そして、花が終わった後にも1回肥料を与えましょう。

剪定

剪定時期に気を付ける必要があります。

スノーボールの花芽は早く付くのが特徴なので、5~6月頃には剪定しましょう。

花が咲かない時

剪定時期を間違えると、花が咲かないです。

花芽を切り落としてしまっているのが原因なので、剪定時期に気を付けましょう。

剪定し忘れた時

古い枝や伸びすぎた枝を間引く程度にしておきます。

短く切りたくなりますが、花が咲いてくれるために必要な事です。

 

ビバーナムスノーボールの植え替え時期

2,3年に1回、根詰まりを起こさないように植え替えをします。二回りほど大きな鉢に植え替えましょう。

 

ビバーナムスノーボール育て方:まとめ

 

  • 育てやすい花で初心者の方にもおすすめ
  • 剪定時期に気を付ける
  • 花芽を切ってしまうと翌年花が咲かない
  • 剪定時期が遅れる場合は伸びすぎた枝を切る程度にする
  • 鉢が小さくなってきたら根詰まりしないように植え替えをする

 

お花を楽しむためにも、剪定時期に気を付けて育ててくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました