家で育てやすい果樹って何?【これから始めてみたい人向け】

果樹の育て方

果樹の実を見ていると、豊かな気分になれて、自分で収穫することを想像すると楽しいですよね。

家庭でも育ててみたいけど、できるかな?という時に読んでほしい記事です。

今回は、家庭でも育てやすい果樹5種類について書きます。

スポンサーリンク

育てやすい果樹おすすめ5選【お家でもやってみよう】

家でも育てやすい果樹を5つご紹介します。

家で育てやすいとは、「鉢植えでも育ちやすい」というのを基準にしています。

おすすめ果樹5種

レモン
みかん
ブルーベリー
イチジク
キウイフルーツ

おすすめポイント【種類別】

果樹の種類別に家庭で育てるおすすめポイントを簡単にまとめてみました。

レモン

実を収穫するだけではなく、花を楽しんだり、グリーンの葉っぱがキレイで観賞用としても使える果樹です。鉢植えでも寒さに強い品種もあって、育てやすいです。

おすすめレモンはこちらから>

みかん

虫が比較的に寄ってこず、果実に袋をかけたりなど手間が少ない果樹です。寒さにも比較的強く、実つきがいいのが特徴です。

おすすめみかんはこちらから>

ブルーベリー

木がコンパクトで、比較的病害虫に強いので人気の果樹です。ブルーベリーの実を楽しむだけじゃなく、小さなかわいい花や秋には紅葉を楽しめたりと鑑賞用にもなる果樹です。

おすすめブルーベリーはこちらから>

いちじく

生育がよく、病気も少ないので初心者にも育てやすい果樹です。収穫する時期が4か月ほどあり、一般の果樹より長く収穫を楽しめるのが特徴です。

おすすめいちじくはこちらから>

キュウイ

病気や害虫の被害が比較的に少なく、育てやすい果樹です。キュウイは基本的に一本の木ではならず、雄木と雌木が必要ですが、最近では一本の木で育てることができる品種もあります。

おすすめキュウイはこちらから>

果樹の育て方【共通ポイント】

育てる時の4つのポイント
  • 日光
  • 水はけのよい環境
  • 肥料
  • 植え替え

日当たりのよい場所で育てる

果樹は日当たりのよい場所で育てるのが大切です。日当たりが悪いと、光合成ができません。

日当たりのよい場所で育てることで、実の色がよく、甘みのある実が収穫できます。

水はけのよい土を使う

水はけが悪いと、土の中の空気が不足して、上手く育たない原因となります。

水はけのよい環境で育てましょう。

肥料を与える

バランスよく肥料を与えます。肥料が多すぎたり、不足しないようにすることで、果実の味や花芽が付きやすくなります。

植え替えをする

水や肥料が十分に根から吸収できないと、枝や葉がしおれたり、葉っぱの色が黄色くなったり弱ってきます。

水やりをする時に、土に染みこみにくくなってきたら果樹を一回り大きな鉢に植え替えましょう。

果樹を育てる植木鉢

果樹の苗木を買ってきて、そのままのポットでしばらくは育つかもしれませんが、果樹用の植木鉢を用意しておくと便利です。

「果樹を育てるなら見た目やインテリアにも気を使いたい!」という時は、おしゃれな植木鉢で育てるのも楽しいですね。

まとめ

家庭で育てるおすすめの果樹を紹介しました。どの果樹も身近なものなので、気になる果樹をまずは1本チャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました