庭木の高さの目安を知って選ぼう【お庭に合う木を探すコツ】

庭に木を植える時に木の高さは気になります。木の高さの目安を知ることで、こんなに大きくなるとは思わなかった!というのを避けれます。

今回は、雑木の庭に使われる木の高さの種類について書いていきます。

スポンサーリンク

庭木の高さの目安は4種類【植える時の目安にしよう】

雑木の庭に植える木の高さは、4つに分かれます。庭木が紹介されている本や販売サイトにも木の高さの種類で表現されていることがあるので、チェックしていきましょう。

雑木の庭の木の高さは主に4種類

庭木の高さは種類や木の個体差によって違ってきますが、4種類に分類されます。

低木・・3m以下
小高木・・3~6m
中高木・・6m~15m
大高木・・15m以上

この4種類は自然界で育った場合の高さの目安になります。

庭木の高さは思ったより高い

小高木といっても自然界では3m~6mほどあります。庭木を選ぶときには木の種類を調べてどれくらいの大きさになるかを知る必要があります。

もちろん、庭木の高さはきっちりその大きさに育つわけじゃありません。植える場所や日当たり具合によって大きくなるかはまた変わってきます。

庭木の高さは目安で管理も必要

庭木は育っていくので、基本的には高くなっていきます。気に入った庭木がどうしても高くなる木なら、剪定して庭木の高さを調節する必要もあります。

庭木の管理のことも考慮して庭木を選んでいきましょう。

庭木の高さを知って庭づくりの参考にしよう

今回は木の高さについて簡単に書き出してみました。庭木の種類だけ見て、植えた後に大きすぎて困ったな・・・とならないためにも植える時の高さを知ることが大切です。

まずは、気にる庭木がどのくらいの高さまで成長するか調べてみることから始めてみてくださいね(^▽^)

タイトルとURLをコピーしました