カシワバアジサイの育て方

カシワバアジサイ庭木育て方
カシワバアジサイ

名前の通り、柏の葉っぱみたいなアジサイです。円錐形の花もダイナミックでボリュームもあり、お庭にあると目を惹きます。今回は、カシワバアジサイの育て方と意外と知らない魅力を書いていきます。

スポンサーリンク

カシワバアジサイの特徴と育て方

カシワバアジサイは初心者でも育てやすい庭木です。落葉低木でアメリカ由来のアジサイで、日本の山アジサイとはまた違った魅力があります。

特徴

  • 日陰でも育つ
  • アジサイの中では大きく育つ
  • 耐暑性、耐寒性がある

暑さにも強く、生長するので極端な乾燥に注意すれば育てやすいといえます。日陰でも育ちますが、花付きは悪くなるので水はけのよい、半日陰で育てましょう。

水やり

カシワバアジサイは乾燥に弱いので、鉢植えにする場合は水やりに注意が必要です。土が乾いたら、たっぷり水をやりましょう。地植えは極端に乾くとき以外は水やりは特にしなくても大丈夫です。

剪定

花が終わるころに、葉の付け根にある新芽の上で花房ごと切っておきましょう。カシワバアジサイに限らず、アジサイ系の剪定は「花芽」に注意です。
花芽があるのを知らずに剪定してしまうと翌年花が咲きません。

植え替え時期

庭に植える場合は、3~4月や10月後半の涼しくなる時期に植え替えます。鉢植えの場合は、2年に1回ほど、一回り大きい鉢に植え替えます。

カシワバアジサイの楽しみ方

秋には深みのある赤い葉っぱになります。
アジサイは花に目が行くことが多いですが、紅葉を楽しめるところも魅力的です。

カシワバアジサイの育て方:まとめ

  • 落葉低木
  • 半日陰(乾燥に弱い)
  • 鉢植えや庭木として使える
  • 剪定は少な目で花芽に注意する
  • 初心者でも育てやすい

日本のアジサイとは違った葉や花の形を楽しめるカシワバアジサイがあると、また雰囲気の違うお庭にしてくれますね。

カシワバアジサイを育てる時の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました