ヤブデマリの育て方

スポンサーリンク

日本や台湾、中国が原産の落葉性低木です。オオデマリと名前が似ていますが、花の様子が全然違います。今回はヤブデマリの育て方について書いていきます。

ヤブデマリの育て方

ヤブデマリは、日本に自生する木です。山の中では、沢辺や林道のふちといった、湿り気のある場所に生えています。

日当たり

日当たりが良い場所や半日陰でも育ちます。

極端に乾燥する場所で育てるのは避けましょう。

水やり

地植えの場合は、植え付け後はしばらく水やりをします。根が張ったら、水やりの頻度は自然な雨で十分です。夏場や雨が少なく乾いている時は、水やりをします。土の状態を見ながら水やりをしましょう。

肥料

特に肥料がなくても育ちますが、与える場合は花の後や、落葉する時期に緩効性の肥料を使いましょう。

植え付け時期

植え付け時期は、秋から春前に行います。

植え替え

庭木として使われることが多いですが、鉢植えの場合は、鉢が小さくなってきたら一回り大きいものに植え替えましょう。

剪定

自然樹形で整うので特に必要としませんが、不用な枝(枯れ枝や古い枝)を切る程度にとどめます。剪定する時期は、花後すぐに行います。剪定が遅れると花芽まで切ってしまい、翌年の花が咲きません。

まとめ

ヤブデマリは育てやすい庭木で、ヤマアジサイに似た花や秋になると果実も楽しめます。花を楽しむためにも剪定時期には気を付けて育てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました